最近のブログ

カテゴリー

住宅ローン選びで大切なこと

2019.4.4

Pocket

先日ネットニュースを見ていると、
住宅ローンを組んで家を建てる方の中で、
固定型商品を選ぶ方はわずか約2割で、
なんと約8割の方が変動型商品を選んでいるという
調査結果が書かれていました。

もちろん、変動型商品にせよ固定型商品にせよ、
お互いメリット・デメリットの両方を持ち合わせているので、
一概にどちらが正解で、どちらが不正解というのはありません。

しかしながら、
もしあなたが、貯蓄や親からの援助がほとんどなく
予算のほぼ全てを住宅ローンでまかなう予定であるのならば、
今の状況だけを考えて住宅ローンを選ぶことだけは
絶対に避けなければいけません。

こんにちは!
SIMPLE NOTE 高崎スタジオを運営しております、株式会社ウッドプランの中村伸司です。

つまり、金利の安さや初期費用の安さがメリットである
変動型商品に飛びついてはいけないということなのですが、

実際に変動型商品を選んでいる方の約8割が、
金利と初期費用の安さに飛びついて変動型商品を選んでいるようです。
(残りの2割は、不動産屋や住宅会社に勧められるままに、
変動型商品を選んでいるとのことでした)

では、なぜこのようなことになるのか?と言いますと、
非常に多くの方が銀行に住宅ローンの相談に行ってしまうからです。

『んっ?当たり前じゃないの?』
と思われたかもしれませんが、
実は、これが落とし穴なんですよね・・・

銀行に住宅ローンの相談に行くと、
ほぼ間違いなく変動型の住宅ローンを勧められます。
なぜなら、変動型商品は銀行のリスクが低いからです。

変動型商品は、
景気が良くなれば、それに合わせて住宅ローン金利を上げることが出来るし、
景気が悪くなれば、それに合わせて住宅ローン金利を下げることが出来ます。
つまり、市場の動向に合わせて金利を操作出来るので、
銀行はリスクを負う必要が全くないということですね。

しかも、銀行の方はお金のプロでもあります。
ですから、潜在的に銀行の方が言うことは正しいと思ってしまいます。
その結果、固定型商品を選ぼうと思って銀行に相談に行ったのに、
知らず知らずの間に変動型を選んでしまっていた・・
なんてことも決して少なくありません。

ですから、住宅ローン選びでミスしないためには、
銀行には住宅ローンの相談に行くのではなく、
住宅ローンの申込みに行くようにすることです。

住宅ローンは、どこの銀行でも、
またどんな商品でも自由に選ぶことが出来ます。
すでに口座がある銀行で組まなければいけないこともなければ、
友達が勤めているから良い条件を提示してくれるわけでもありません。

まずは資金計画で、
あなたにとって向いている住宅ローンは、
変動型なのか?あるいは固定型なのか?を理解し、
そして、その中であなたにとってベストな住宅ローン商品が何なのか?を
しっかりとピックアップしてから、
銀行には行くようにしていただければと思います。

それでは、、、

シンプルノート高崎スタジオ
(株)ウッドプラン 

〒370-0857 群馬県高崎市上佐野町824-3
電話 027-326-2348

カテゴリ:blogs
↑TOP