最近のブログ

カテゴリー

全期間固定金利商品を選ぶ際の3つの注意点

2019.11.13

Pocket

当たり前のことですが、
金利は安ければ安いほど支払利息が少なくなります。
それゆえ、より多くの資金を
銀行から借入れしなければいけない人ほど
本来は金利が安い商品を選ぶべきです。

しかし、より多くの資金を
銀行から調達しないといけない人の多くは、
自己資金として準備出来る金額が少ない方であり、
かつ土地購入も同時に行わなければいけない方なので、
目先の金利の安さだけで住宅ローンを選ぶことは、
絶対にやってはいけません。

こんにちは!
SIMPLE NOTE 高崎スタジオを運営しております、
株式会社ウッドプランの中村伸司です。

つまり、銀行から借入れする金額が大きい方ほど、
金利が低めに設定されている
変動型の住宅ローンを選ぶのではなく、
少々金利が高く支払い負担が上がってしまうとしても、
全期間固定型の住宅ローンを選んだ方が良いのですが、
その理由は、将来に少しでも起こる可能性がある
金利上昇リスクを回避しておいた方が良いからです。

しかし、一口に全期間固定型商品といっても、
取扱う銀行によって条件も違えば、
選ぶ商品を間違えてしまうと、
後から取り返しがつかなくなってしまうことも充分あり得るので、
今回は、この全期間固定型商品の注意点について
お伝えしていきたいと思います。

✔注意点その1:初期費用が余分にかかる・・・

まず1つ目の注意点が、
変動型商品には必要がない余分な手数料が
初期費用としてかかってくるということです。

この費用も、銀行によって違ってくるので、
金額を一概に言えないのですが、
一般的には、借入額の2%(税別)が必要になってきます。
2500万円借入れするとしたら55万円ですね。

となると、土地や家に使える予算が、
その分だけ減ってしまうということになります。
それゆえ、このような手数料が掛かることも頭に入れつつ、
家づくりの予算を決めていかないといけません。

注意点その2:どこの銀行でも金利が同じくらいではない・・・

これは、全期間固定だけに限らず、
変動型の場合も同じことなのですが、
各銀行によって設定金利が全く違います。

例えば、T労働金庫であれば、
全期間固定型商品の金利は3.1%で設定されており、
これに保証料0.2%が上乗せになってくるので、
貸出金利は3.3%ということになります。

これに対し、全期間固定の代名詞的存在であるフラット35では、
住宅金融支援気候が定める家の基準を満たせば、
最初の10年間の金利は1.18%であり、
11年目以降の金利は1.48%となっており、
T労働金庫で住宅ローンを借りるよりも、
より安い金利で借りることが出来、
その分返済金額を抑えることが出来るようになります。

このように、銀行によって貸出条件が全く違うので、
住宅ローンはこういったことも考慮しながら選んでいく必要があります。

注意点その3:借り過ぎてしまう・・・

そして、最も怖い失敗は借り過ぎてしまうことです。
とりわけ、フラット35という住宅ローンは、
銀行が貸してくれる金額よりも
遥かに多くの金額を貸してくれるため、
身の丈以上のローンを組んでしまいやすい商品でもあります。

一般的に、銀行では、
年収400万円の方が貸してもらえる金額は、
2000万円〜2200万円ぐらいですが、
これがフラット35になると、
3800万円もの金額を最大で貸してくれるようになります。

また、夫婦の収入を合算して
住宅ローンを借入れされる方も数多くいらっしゃいますが、
合算して600万円になった場合、
銀行が貸してくれる金額は、
3000万円前後になるのに対し、
フラット35では、5800万円もの金額を
最大で貸してくれるようになります。

しかし、貸してくれるからとその状況に甘えて、
身の丈以上の多くの金額を借りてしまったとしたら、
間違いなく建てた後に、
そのしわ寄せがやってくることになります・・・

それゆえ、借りていい金額と貸してくれる金額を、
資金計画によって、
しっかり身極められるようにしておかないといけないんですよね。

いかがですか?
これが全期間固定型商品を選ぶ際に、
注意しておくべきポイントです。

ということで、予算設定と住宅ローン選びは、
家づくりで非常に大切なことなので、
家のことや土地のことばかりに気を取られずに、
しっかりと現実を見つめながら
全体をバランス良く考えるようにしていただければと思います。

それでは、、、

シンプルノート高崎スタジオ
(株)ウッドプラン 

〒370-0857 群馬県高崎市上佐野町824-3
電話 027-326-2348

カテゴリ:blogs
↑TOP