最近のブログ

カテゴリー

耐震性が劣化する2つの意外な原因

2019.4.11

Pocket

壁や基礎の強度を高めるだけじゃなく、
根本的にバランスのいい家にすることが、
より地震に強い家にするためには
必要不可欠な要素だと言われています。

しかしながら、より地震に強い家にするためには、
風によって家は揺れるものであるということと、
重量車両の通行によっても家が揺れるということ、
この2つのことも考慮しつつ設計することが大切になってきます。
いずれも耐震金物がゆるむ原因になってしまいますからね。

こんにちは!
SIMPLE NOTE 高崎スタジオを運営しております、株式会社ウッドプランの中村伸司です。

つまり、より地震に強い家にするためには、
立地条件まで考慮した上で、
間取りを考えていくようにしなければいけない
ということなんですよね。

そして、そういった点まで配慮していくとなると、
どのような土地に対しても万能であるのは、

やはり『平屋』の住まいではないかと考えます。
2階建ては、風や震動の影響を受けやすいからです。

もちろん、平屋を建てるとなると、
少なからず2階建てを建てるよりも多少なりとも
広めに土地を買わなければいけなくなるので、
(といっても55坪もあれば充分なんですがね)
予算の都合上、どこでも平屋が建てられるかというと
必ずしもそうというわけでもないんですけどね。
(例えば、土地の値段が高い地域とか)

とはいえ耐震面を中心に考えていった場合、
バランスの良さ、どっしり感、2階からの荷重の少なさ、震動の影響の少なさ、
どれを見ても平屋が優れているため、
もし可能なのであれば、平屋にすることが
根本的に最も地震に強い家になることは間違いないと思います。

●平屋に潜む数多くの注意点

しかしながら平屋の場合、
家の中が暗くなってしまいやすかったり(特に北の方が)、
全部の部屋が外から丸見えになってしまい、
居心地の悪い家になってしまったり、
風通しが悪いジメジメした家になってしまったり、
窓の形を見ただけで、家の間取りが全て分かってしまう
防犯性が低い家になってしまったり、
最悪なのは無駄な廊下をたくさん作ってしまい、
値段が高くついてしまったり、
というデメリットを数多くもたらしてしまうというリスクも含んでいます。

ですから、こういったデメリットをもたらさないような
間取りづくりをすることが、平屋では必要不可欠になってきます。

●暮らしやすい平屋をつくるための秘訣

そこで有効になってくるのが『中庭』という考え方です。
中庭をつくれば、先程のデメリットを
全て同時に解消することが出来ます。

しかしながら、中庭には
以下のような悪いイメージが存在するため、
多くの方が敬遠してしまっているのはないでしょうか?

『中庭=贅沢、高い』
『中庭=光が入ってきにくい』
『中庭=風通しが悪い』
『中庭=水はけが悪い』

しかし、それらは果たして本当にそうなのでしょうか?
また、2階建て住宅に囲まれた平屋は、
光が入らず予想通り暗くなってしまうものなのでしょうか?

“百聞は一見に如かず”です。
もし、あなたがその先入観が真実なのかどうかを
お知りになりたいとお考えであれば、
一度弊社の住まいを見に来ていただければと思います。

きっと、中庭のイメージが180°変わり、
本当に住み心地のいい住まいに、
出会うことが出来るはずですから。
もちろん、最小限のコストで実現しながらです。

それでは、、、

シンプルノート高崎スタジオ
(株)ウッドプラン 

〒370-0857 群馬県高崎市上佐野町824-3
電話 027-326-2348

カテゴリ:blogs
↑TOP