最近のブログ

カテゴリー

家を建てると必要になる2つの余分な費用とは?

2019.3.29

Pocket

家を建てると、“固定資産税”という市町村に納める税金と、
家を美しく保つためと長持ちさせるために、
10~15年ごとに定期的に行なった方がいい
“メンテナンス費用”という今まで必要なかった費用が、
2つ余分にかかってくることになります。

ですから、単純に毎月のローン返済や光熱費だけに
着目して家づくりの総予算を算出するのではなく、
毎年必要になってくる“固定資産税”と、
将来必要になってくるメンテナンス費用の積み立て、
また、公的年金だけでは不足するであろう
老後資金への備えも考慮しつつ総予算を決めることが、
建てた後、心にも懐にもゆとりを持って暮らし続けるために、
非常に大切なポイントとなってきます。

こんんちは!
SIMPLE NOTE 高崎スタジオを運営しております、株式会社ウッドプランの中村伸司です。

では、家を建てるとかかってくることになる
この2つの費用について、
今回は、お伝えさせていただきますね。

まず、メンテナンス費用ですが、
これに関しては、必ず必要になるというわけではないんですが、
家の景観や室内を美しく保つためにも、
また老後の暮らしをより豊かにするためにも、
出来れば、毎月1万円積み立てしていただくことを、
オススメさせていただいています。

毎月1万円積み立てていくと、
15年後には180万円メンテナンス費用が貯まっていることになります。

となると、汚れたり傷んだ外壁や屋根などの
外回りの塗り替え費用に充てることが出来ますし、
冷蔵庫や洗濯機、エアコンといった
比較的高額な電化製品が突然故障した場合でも、
その積立金から捻出することが出来れば、
突然の大きな出費に頭を抱えずに済みます。
(おそらく、もっと長持ちすると思いますが、
基本的に電化製品の寿命は10年と言われていますからね)

また、おそらく30年後には、
キッチンやお風呂、洗面、トイレといった水回りなどの
リニューアルをしたくなるでしょうし、
外回りだけじゃなく内装だってリニューアルしたくなるでしょう。

ですから、老後にまだ住宅ローンが残っているにもかかわらず、
わざわざ金利が高いリフォームローンを組んでまで、
あるいは貴重な退職金に手をつけてまで、
こういったリニューアル工事をしなくていいようにするためにも、
毎月1万円のメンテナンス費用を積み立て続けていただくことは、
とっても大切なことなんですよね。

さらに、これに加えて、
間取りの作り方を間違えてしまったことで
老後の生活スタイルに合わせて増築工事までしなくてはいけないとなると
さらなる負担増となるので、
将来も見据えた上で間取りを設計しておくことが、
老後生活を豊かにするためにはなにより大切なポイントとなってくるということも
合わせて頭の片隅に置いておいていただければと思います。

では、続いて固定資産税について
お伝えさせていただきますね。

固定資産税は、土地、建物のそれぞれにかかってくる税金で、
土地、建物それぞれの評価額の1.4%が税額となっています。

そして、土地に関しては、
建物が建つと、200㎡(約60坪)までの土地は、
更地の状態の時の6分の1の評価額に課税され、
200㎡を超える土地は3分の1の評価に課税されることになり、
建物に関しては、当初3年間(長期優良住宅は5年間)は、
評価額の半分の金額に課税され、
その期間が過ぎると、その時の評価額に課税されることになります。

この説明では、いまいち分かりにくいと思うので、
現実的な、金額を入れて計算してみますね。

例えば、あなたが購入した土地の評価額が
1坪あたり12万円だったと仮定します。
そして、仮にあなたが100坪の土地を買ったとします。

となると、60坪までの土地の税金は、
12万円×60坪×6分の1×1.4%=16,800円が税金として掛かり、
60坪を超えた残りの40坪に関しては、
12万円×40坪×3分の1×1.4%=22,400円が税金として掛かるので、
これを足して39,200円の税金が土地にかかるということになります。

次に、建物についてですが、
仮にあなたが1800万円の家を建てたとしたら、
家の評価額は、だいたいその半分ぐらいの価格となるので、
当初3年間(長期優良住宅は5年間)
900万円×2分の1×1.4%=63,000円が建物の税金として、
その期間経過後は、
800万円(ちょっと評価が落ちたとして)×1.4%=112,000円が
建物の税金として掛かることになります。

そして、これらを合わせると、
当初3年間(長期優良住宅は5年間)は、
約10万円ぐらいが固定資産税として掛かってきて、
当初の優遇期間経過後は、
約15万円が固定資産税として掛かってくることになります。

ですから、これを12ヶ月に分割した費用も、
メンテナンス費用と同時に、
毎月積み立てていっておく必要があるということなんですよね。

ざっくりお伝えするならば、
固定資産税の積立金としても、
毎月1万円を積み立てていっておいた方がいいということですね。

ということで、家を建てると
こういった余分な費用がかかるということも
しっかり把握した上で、
家づくりの予算計画を組むように心がけていただければと思います。

それでは、、、

シンプルノート高崎スタジオ
(株)ウッドプラン 

〒370-0857 群馬県高崎市上佐野町824-3
電話 027-326-2348

カテゴリ:blogs
↑TOP